〓 壁の向こう 〓


三つ目のカラスの洞窟がナイトキングに襲撃され、ブランと共に逃げたミーラ。
吹雪の中、ブランを乗せたソリを牽き続けたが、とうとう力尽きて倒れ
依然としてサイトから戻らないブランにすがるように呼びかける。

自分の生まれる前の過去や、遠い場所で家族に起こった悲劇
ワイルドファイアに心酔し、「全て燃やし尽くせ」と叫ぶ狂王エイリスの声
過去を飛ぶような速さで巡っていたブランだったが、ワイト達の追撃に気付き目を覚ました。

迫るワイト達の足音に絶望し、死ぬのを覚悟してナイフを抜くミーラ
しかしその時、馬に乗った黒づくめの何者かが現れ
火のついた鎖鎌を振り回し、まるで死神のようにワイト達を蹴散らしていく。
got0606000042 copy







二人を馬に乗せ、ワイト達から助けた黒づくめの男
それはブランの叔父にあたる、行方不明だったベンジェン・スタークだった。

私はホワイトウォーカーを探しに北の奥地に仲間を率いて偵察に出ていた。
そして奴らに見つかり、ホワイトウィーカーの氷の剣で体を貫かれた・・・
そうなれば死に・・・そして奴らの仲間入りだ・・
だが森の子達が俺を見つけ、そうなる前にウォーカーの魔法を止めてくれた。
始めに彼らがウォーカーを作った時と同じやり方でな・・・お前も見ただろ。
今はおまえが三つ目のカラスだ・・・うまくできるようにならねばな、ナイトキングが来るまでに
いずれにせよ奴は奴のやり方で人間の世界へたどり着く・・・
その時は・・・お前が奴を待ち受ける・・・間に合わせるんだ

got0606000046 copy















〓 ホーンヒル 〓


ウォッチに送られたとはいえ、元々はリーチの大貴族
サムとギリーは護衛付きの豪華な馬車で、故郷のホーンヒルへ向かう。
壁の北とはまるで違う肥沃で緑あふれる豊かな風景にみとれるギリー
一方サムは苦手な父との再会を前に緊張が隠せない。
サムの父はウェスタロスでも指折りの将軍、屈強で勇敢なランディル・ターリー
ロバートの反乱の戦闘の中ではターガリエン側として戦い、唯一ロバートを破った。
伝統と家の格式を重んじる男は、勿論王国を荒らす敵である野人を嫌う。

ギリーは北部の出、そしてリトルサムはサムの実の子という設定を作った二人。
ホーンヒルにつくと母と妹タラはサムを暖かく出迎え、ギリー、リトルサムともども
突然の話でも勘ぐる事もなく受け入れてくれた。
got0606000047.jpg






狩りに出ていたランディルと、サムの弟のディコンが戻ったその夜
ディナーの最中ずっと、ランディルはサムをにらみ続ける。
ランディルは臆病で太っちょのサムに後を継がせるのを諦めて壁に送ったが
帰ってきたサムはやはり太ったままで、男らしく変貌するかもとという期待も外れたと愚痴る。

サムは剣を振れるわ
彼はテン族を殺した・・・ホワイトウォーカーも・・・
黒の城へ向かってる時にこの目で見たんだもの。
彼はウォーカーの心臓にダガーを突き刺したのよ、命を懸けて何度も救ってくれたわ・・
サムはあんたたちなんかより凄い戦士なんだから


父に呆れられ、弟に笑われ、ギリーは我慢できなくなって言い返すが
抜け目のないランディルはギリーの話から、彼女が野人という事を見抜く。
その事もあり、ランディルは以前にも増してサムに失望し軽蔑の言葉を吐き続け
それに耐え切れなくなったサムの母はギリーと妹を連れて広間を出て行く。
got0606000054 copy






ギリーはキッチンで働き、リトルサムはターリー家で育てる事は許したランディル
しかしサムには明日までに出て行けと、きつく言い放つ。
父を恐れ、ギリーとリトルサムが追放されるのを恐れ、終始黙っていたサムだが
やはりそのまま二人を残して旅立つ事はできなかった。
サムは夜中の内にギリーとリトルサムを連れ、静かに部屋を出て
そしてドラゴングラスと同じくホワイトウォーカーに対抗できる数少ない武器である
広間に飾られていた500年以上ターリー家に受け継がれてきたヴァリリア鋼の剣ハーツベインを取り
夜明け前のホーンヒルから逃げ出す
got0606000055.jpg

















〓 ブラヴォス 〓


その日の上演はジョフリーが毒殺され、ティリオンがタイウィンを暗殺するシーン
ジョフリーが苦しみ倒れる悲壮感たっぷりの演技に、嬉しくてニヤケが収まらないアリア。
そしてサーセイ役のクレイン婦人が倒れたジョフリーにかけより嘆くが、その舞台袖では
サンサ役の若い女優がその演技と台詞を盗もうと口を合わせながら、婦人の演技を凝視していた。
got0606000056.jpg




舞台がフィナーレに差し掛かる少し前に、楽屋に忍び込んでラム酒のボトルに毒を仕込んだアリア
しかし舞台が終わって戻ってきたクレイン婦人に呼び止められてしまった。

前に客席であなたを見たわよ、この馬鹿馬鹿しい舞台を何回くらい見たのかしら?
3回・・・
お金は払ったの?
いえ・・・
役者達が私の村に来た時の事を思い出すわ、私もお金が無くて忍び込んだものよ
あなたみたいにね・・・
塗られた顔、衣装、音楽・・・若い恋人が抱き合って死ぬシーンに泣いたわ・・・
次の日、私は村を捨てて彼らに加わり、振り返らず生きてきた。

あなた演技上手ね
最後の長台詞は酷かったわ・・・自分に嘘はつきたくない、ずっとそうだったように。
脚本が良くなかったわね・・・

なら変えれば良い・・・あなた以外はおならとゲップと叩くのばかりだわ
あなたならどう変える?
女王は息子の事を何よりも愛していた・・・別れも言えず奪われた息子の命・・・
泣くだけじゃない、彼女は怒るはずよ・・・こんな仕打ちをした奴を殺したいはず・・・

あなたとっても良い目をしてるわね、眉も素敵・・・他人になりきるのは好きかしら?
い・・・行かなきゃ、父さんが待ってるの
got0606000058 copy






評判の良いクレイン婦人の演技に嫉妬しているのは、若い女優だけでなく
座長で脚本を書いているタイウィン役の男は、自分が評価されないのが面白くないのか
クレイン婦人に八つ当たりする。
そんな中、クレイン婦人はいつものように仕事終わりのラム酒を飲もうとするが
戻ってきたアリアにグラスを持っていた手を払われた。
楽屋にいた全員が何事かと静まる中、アリアは若い女優のほうを見て言う
あいつに気をつけて・・・あなたの死を望んでるから・・




アリアはすぐに港に向かい、隠していたニードルを持って逃げ、身を隠す。
密かにアリアを監視していたウェイフの少女はその顛末をジャーケンに報告し
待ち望んでいたとばかりにアリアの始末の許可をもらった。
got0606000060.jpg



























〓 ツインズ 〓


ブラックフィッシュことブリンデン・タリーにリバーラン城を奪い取られ
ツインズに戻り、その事をウォルダー・フレイに報告するウォルダーの息子たち。
got0606000063.jpg




城だぞ、羊を失ったのとワケが違う
レッドウェディングの後もブラックフィッシュを逃し、そして今度はリバーランを奪い返された・・・
ワシらは300年もの間、タリーの靴にキスをし、あの魚臭い旗に忠誠を誓わされてきたんだ。
戻れるものか、リバーランはワシらのものだ・・・取り戻せ!


残存兵の集まりのブラックフィッシュに比べ、10倍の戦力があったフレイ家だが
次第に諸侯達がブラックフィッシュの勢力に参加し、旗の無い同盟軍の扇動で民も立ち上がり
フレイ軍の補給線や野営地を襲うようになった。

我らを笑う国中の声が、寝てる時もワシの耳にはいってきよるわ!
ワシはまだ死なん、お前らには残念だろうがな・・・
そして笑う奴ら全ての息の根を止めるまで、ワシはこの世から去らんぞ・・・城を取り戻せ!


そう言ってウォルダーが顎で合図し連れてこさせた男
それはレッドウェディングの日からずっと監禁していたエドミュア・タリーだった。
got0606000062 copy


















〓 キングズランディング 〓


マージェリーの贖罪の歩みの日が迫り、何とかそれだけは避けたいトメンは
ベイラー大聖堂でハイスパローと話し合う。
ハイスパローは穏やかに話しながらも、やはり贖罪以外の道はないと言い張る。
しかし突然ハイスパローからマージェリーと会ってみては、と思いもかけなかった接見の許しが出た。

長い間会ってなかったマージェリーを抱きしめて、寂しかった気持ちを伝えるトメン。
しかしマージェリーは囚人とは思えない解放された晴れやかな表情だった。
自己満足と賞賛のための思い上がった慈善活動、嘘にまみれた過去の自分
それを見つめなおす事で本当の自分になれたというマージェリー
ハイスパローの話を聞き、罪を認め贖罪する事が唯一の道だとトメンに伝える。
got0606000064.jpg







贖罪の日、マージェリーがベイラー大聖堂前の階段に立たされ
サーセイの時と同じように、お祭り気分で高貴な者の醜態を待ち望む民衆。
しかしハイスパローがマージェリーが犯した罪を宣べてる途中で
ジェイミーを先頭にしたタイレル家の軍勢が民衆を押し分け、大聖堂の階段の下で陣形を構えた。

トメン王の命でマージェリーとロラスを取り戻しに来たと言うジェイミー
しかしハイスパローはいつものように、これは神の意思によって行われているので
誰の権限も関係がないと言う。
ここで戦闘になり死のうとも、それが神の意思ならば死ぬ事も受け入れると言うハイスパロー。
しかしジェイミーの脅しに屈したわけでもなく、突然ハイスパローはマージェリーの
贖罪の歩みは行われないと民衆に宣告した。
期待はずれにざわつく民衆、そして想定外の展開に顔を見合すオレナとメイス

マージェリーの罪はある者を七神の光へ導き、改心させた事で許されたと言うハイスパロー
そしてベイラー大聖堂の扉が開き、中からトメンが現れた。

王家と信教は世界を支える二つの柱です
われ等は共に七王国の栄光を取り戻しましょう


神の名の下に認められた清らかな王と王女に
民衆は大歓声をあげ、国の新たな体制を支持する。
完全に裏をかかれ悔しそうな顔でハイスパローを睨むジェイミー、そしてうろたえるメイス
オレナも今回ばかりは完敗を認めるしかなかった。
got0606000066.jpg










すっかりハイスパローに感化させられたトメンは、神に背く事は王に背く事~として
玉座の広間でジェイミーのキングズガード総帥の地位を剥奪した。
ジェイミーは実の息子に裏切られ、恥をかかされ、キングズガードの鎧を脱ぎ捨てる

俺はおまえが生まれる前からキングズガードの一員だった。
おまえがどうこうできる事じゃない、何においてもな・・・
俺も裸で街を歩くのか?それとも先に数ヶ月の地下聖堂暮らしでもするか?
俺にも神の慈悲ってやつを教えるのか?


命乞いも反省もなく、終始ふてぶてしい態度のジェイミーに押されるトメン
王の手のケヴァンと顔を見合わせ、ジェイミーがこれからも王と国に仕える事を許したが
それは王都の外での任務だった。
got0606000068 copy







老齢のウォルダーフレイの代わりに、ブラックフィッシュに奪われたリバーランを奪い返す事
それがキングズガードでなくなったジェイミーに与えられた命だった。
ジェイミーは半分自暴自棄になっていて、命には従わず、ブロンに大金を積んで腕利きを集めて
大聖堂に乗り込みハイスパローの首を取って、スパローズ達を殺せるだけ殺すと息巻く。
しかし荒れるジェイミーとは対照的に、サーセイは冷静に復讐の火を燃やしていた。

慈悲など無しで思い知らせてあげるわ、私たちでやるのよ。
でももしあなたがハイスパローを殺せば、大聖堂からは生きて出れないわ・・・
あなたが生きてなければ何の意味もないの。”
あなたのいるべき場所・・・私たちの軍の先頭に立つのよ・・・父が望んでいた通りに。
自分達が誰に尽くす兵なのかを教えてあげるの・・・ラニスターがどういうものかを・・・
私たちの敵がどんな目にあうか・・・そしてくだらない小さな城を奪い返すの・・・
あれは私たちの物・・・そしてあなたなら奪い返せるわ・・・

おまえはもうすぐ裁判だ、俺がここにいないと・・・
決闘裁判になるわ・・・私にはマウンテンがいる・・・
やつらが私たちを強くしたの・・・あいつらが・・・
私たちの強さをやつらは知る由も無い・・・私たちが何をするかも・・・
私たちはずっと一緒だった・・・これからもずっと・・・この世界には私たち二人だけよ・・・
・”
got0606000070.jpg

















〓 エッソス 〓


ドスラキ族を引き連れ、メーリーンへの帰路を進むデナーリス
その途中、ある場所で突然デナーリスは何かを思いついたのか足を止めた。

メーリーンまでは何日くらいかかるかしら
早くて一週間ででしょう
私の軍勢をウェスタロスに連れていくには何隻の船が必要?
ドスラキ族、馬、アンサリード、セカンドサンズ・・・軽く千隻は・・・
誰がそんなに船を持ってるの?
誰も・・・
誰も・・・今のところはね
メーリーンへ着いたら、その後はウェスタロスへ出航・・・その後は?
私の国を取り戻すの
あなたは宮殿の椅子に座るために生まれたんじゃない
じゃあ何のためなのかしら?
あなたは征服者・・・嵐の生まれのデナーリスだ
got0606000072.jpg




そしてダリオとドスラキ族をそこに留まらせ、一人どこかに行ってしまうデナーリス。
そのままデナーリスはなかなか帰って来ず、ダリオが探しに行こうとした時
空を劈くような唸り声をあげ、大きく黒い影が飛び交った。






デナーリスを背中に乗せ空を周回し、そして地上に舞い降りたドロゴン。
恐らく半信半疑でついてきた者もいたドスラキ族も、本物のドラゴンをその目にし
その圧倒的な迫力に気圧されていた。

かつて全てのカルは、自らの傍で戦い護衛するブラッドライダーを選んできた・・
だけど私はカルじゃない・・・私はブラッドライダーを選出しない・・・お前達全員を選ぶわ!
お前たちにはかつてのどのカルのカラサールよりも大きな仕事がある・・・

お前達は木の馬に乗り、黒い塩の海を渡ってくれるか?
鉄の服を着た私の敵を殺してくれるか?
そしてやつらの石の家を破壊してくれるか?
カル・ドロゴがMother of Mountainsの前で私にくれると約束した七王国をくれるか?
私と共に来るか!
今も、そしてこれからも!

got0606000073.jpg












Game of Thrones Note Book with Light-up function House Targaryen





コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
sponsored link





ゲームオブスローンズ・ウェスタロスガイド
立体的に飛び出す絵本


カテゴリ
sponsored link
手数料比較