日本人には聞きなれないRed Nose Day

それはコメディ作家のリチャード・カーティスと、コメディアンのレニー・ヘンリーが立ち上げた
コミックリリーフという慈善団体が主催する大きなチャリティイベント。
街中で売られる寄付金代わりの赤いトナカイ鼻を買い、それをみんなでつける日なのだが
コメディ、ファッション、音楽、政財界の大物など、チャリティ大好きなセレブ達が
それぞれ趣向を凝らし様々なコラボ企画でチャリティイベントを盛り上げるのだ。

そのイベントの一つとしてゲームオブスローンズのミュージカルが発表された。
音楽はドラマーがレッドウェディングのエキストラとしてゲスト出演もしたコールドプレイが
担当し、セッション撮影の際はGOT役者陣と寸劇風な事もしている。

15gtt513010653.jpg



合同セッションに現れたのは
ロバート・バラシオン役のマーク・アディ
ラムゼイ・スノウ役のイワン・リオン
ジョン・スノウ役のキット・ハリントン
イーグレット役のローズ・レスリー
サム役のジョン・ブラッドリー
ミランダ役のシャーロット・ホープ
ジョージェン役のトーマス・サングスター
シオン役のアルフィー・アレン

作中の役関係をネタにし小芝居を挟みながら、GOTを題材にした曲の練習風景を
それぞれ少しずつ披露する。
ロバートは早いテンポのスキャットについて行けず退室(演出?)
丁度ドラマでは複雑な関係にあるラムゼイとシオンが顔を合わす・・・が
しかし二人は仲良く抱き合い、共にギターを持って歌練習。

ジョンが歌うワイルドシングの替え歌、「ワイルドリング(野人)」
全員で悲しげに歌う「You don’t mess around with Walder Frey 」
などをコールドプレイの演奏をバックにGOT役者陣が歌う。

その他にはデナーリスが歌う何故かレゲエ調の「Rastafarian Targaryen」
ジェイミーがサーセイへの思いを歌う「Closer to Home」
そしてまだまだ生き残るぜ、とティリオンが歌う「Still Goin' Strong」



なかなか面白く仕上がりつつあるのだが、どうやら問題が一つ
まだ原作者ジョージRRマーティンの許可が下りていないそうで。
楽曲と原作の雰囲気のギャップがあったのか
それともチャリティという特性上、権利などが色々複雑なのか・・・?




関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
sponsored link





ゲームオブスローンズ・ウェスタロスガイド
立体的に飛び出す絵本


カテゴリ
sponsored link
手数料比較