Archive
来たる4月28日放送開始予定のシーズン6
それを前にGOTがhuluでも見れることとなった。
(現在はシーズン1のみ)

HBOとの契約により、huluではGOTの他にもソプラノズ、ザ・ワイヤーをはじめ
数多くのHBOが誇る名作が続々投入される予定。

動画配信サイトhuluは、もちろん基本月額制の有料コンテンツ
月1000円ばかしを払えば、見るのがイヤになるほどの膨大な動画が見放題
まあhuluの宣伝ではないのでどんな物なのかは各自でお調べあれ

金は払いたくないがGOTだけ見たい
という人はhuluの2週間無料お試しというのがあるのでどうぞ。
どこの無料お試しサービスでも同じだが、期間を過ぎると自動的に次月の契約も
続行されるため、そのままクレジットカードや携帯引き落としとなっていくので
期限を忘れずに解約する事を忘れないように。

hulu http://www.hulu.jp/companies/hbo-japan





話は変わり、シーズン6を前にして去年発売される予定だった原作の新刊
これが発売予定の延期を繰り返し、ついにはシーズン6放送にも間に合わず
原作ファン激おこで原作者ジョージを悩ませている。

去年の春、9月くらいには間に合うだろうと余裕だったジョージ御大
しかし旅行や別の書き物、イベントなどが重なり、筆も思うように進まず
夏ごろに、あっ間に合わんかもと気づく。
しかし編集者達の協力により作業のスピードアップ計画と、締め切りの延期が決定し
新たな年末の締め切りまで2、3ヶ月の作業時間を与えられたジョージ
しかしエミー賞で数部門受賞したり、親戚の結婚式だったりで時間は取られていき
ついには年末の締め切りどころか、4月のS6オンエアにも間にあわない次第となる。

残りページは100単位でもちろん書き直しだってある
そして本人から書き終わった時が締め切りだ、と発表され予定は未定となった。

過去の講演で「なぜ一般の職でなくSF作家になろうと思ったんですか?」
と聞かれたジョージは
「毎日ノルマや締め切りがある仕事は御免だね」と答えたそうな。
初期の作品は本当にそのとおりで、締め切りもファンの期待も無く
書きたい時に自由に書き、完成したら出版するという形でやってきたという。

飲んで騒いで旅行して、と自由なジョージだが、別に責任感がないわけではなく
何より一番落胆しているのは本人である。
現在世界でもっとも成功し注目されてる作品の原作者は67歳の老体で
成功者の生活と原作ファンのプレッシャーは楽しくも厳しいだろう。

新刊を手にできないまま、シーズン6の放映を迎える事となる原作ファンは
S5に続きさらなるネタバレの恐怖にさらされる事となる。
原作では生きているジョンはS5の終わりにアレされ、S6ではアレされるとか何とか。
厳密に言えば原作とドラマにはかなりの違いがあり、多数の生死の相違もあるが
全体的な物語の進行は、ドラマが原作を追い越してしまい
主要キャラの大きな生死展開はさすがに原作ファンには辛いネタバレとなっている。


201602000058.jpg









関連記事
sponsored link





ゲームオブスローンズ・ウェスタロスガイド
立体的に飛び出す絵本


カテゴリ
sponsored link
手数料比較