Category : 五王の戦い
◎五王の戦い War of the Five Kings
七王国の王だったロバートの死をきっかけとして始まった国中を戦火の海にした戦争


ロバート王の妃サーセイは弟のジェイミー・ラニスターと近親相姦の関係にあり
姉弟で作った子供(ジョフリー、ミアセラ、トーメン)をロバートの子と偽り育てていた
ロバートの親友のエダード・スタークは息子の不可解な事故からその秘密を知る事になり
ラニスター家がロバートを暗殺し、王朝を乗っ取ろうとしている企みに気付く

証拠を探そうとするエダードと、それを阻止しようとするラニスター
そんな中、突然ロバート王が狩りの最中での事故(?)で致命傷を負う
ロバートは死に際にエダードを呼び遺言を伝え書かせた

「息子ジョフリーが成人するまで、エダード・スタークを王の代理とする」
しかしジョフリーがロバートの子では無い事を知っていたエダードは
「正統な後継者が成人するまで、エダード・スタークを王の代理とする」と書いた

王の代理期間の内にラニスター家の陰謀を暴き、ジョフリーに継承権が無い事を証明すれば
ロバートの血を継ぐ子がいない以上、正式な後継者はロバートの弟スタニスとなる
エダードに自分の欲は無く、ただ親友で王のロバートの忠義のために考え動いた

ロバートの死後、サーセイはジョフリーをすぐに王座に座らせた
戴冠式を進めようとするジョフリーとサーセイの前でエダードは遺言書を見せ
少なくとも未成年のジョフリーにその権利がない事を示す
しかしサーセイは遺言書を破って捨て、予め買収していた兵達にエダードを捕らえさせる

捕らえられたエダードの為に戦争を始めた息子、そしてラニスターの人質になった娘
家族のため、そしてこれ以上戦火を広げて国を巻き込まないために
エダードは一人で全ての罪を被り、壁に送られる人生を承諾した
しかし暴走したジョフリーの独断でエダードは斬首処刑され
さらに国中を巻き込む大きな戦争へと膨らんでいった





〇鉄の王座 ジョフリー・バラシオン(ラニスター)
本人はロバートの息子だと思っている
残忍でヒステリック

〇ハイガーデンの王 レンリー・バラシオン
ロバートの下の弟
地味な兄より人望のある自分の方が王にふさわしいと名乗りを挙げた
バラシオン家の本拠地ストームランズの諸侯達にも慕われていて
タイレル家のマージェリーとの政略結婚により戦争当初は最大勢力だった

〇狭海の王 スタニス・バラシオン
ロバートの上の弟
事実上の正統後継者だがロバートには冷遇されていた
ロバートの反乱の後ドラゴンストーン島の征服を命じられ、その後も統治を任され
ドラゴンストーン島で孤立していたためストームランズの諸侯達の支持は少なかった
自分を差し置いて次々と王を名乗る者達への憤りが募り
光の神の女司祭メリサンドルの協力を得て、王座奪還を目指す

〇北の王 ロブ・スターク
殺された父エダードの仇を打ち、妹達を助けるため挙兵したスターク家の長男
若いながらも強い意志で北の諸侯達を率いて首都へと進行する

〇鉄諸島の王 バロン・グレイジョイ
王座を求めたわけではないが、自らを鉄諸島の王と名乗り
七王国では違法となっている略奪や人身売買を行う

sponsored link





ゲームオブスローンズ・ウェスタロスガイド
立体的に飛び出す絵本


カテゴリ
sponsored link
手数料比較