Category : Game of Thrones S2 ep5
〓ストームズエンド レンリーの野営地〓

スタニスとの交渉も決裂し戦争を前にしいよいよ慌しくなってきたレンリーの野営地
ケイトリンはロブの使者としてレンリーとの同盟交渉を固める

レンリーはロブが北の王と名乗る事自体は気にせず
自分に忠誠さえ誓えば以前の両家のような関係に戻れるだろう、と言う
同盟はあっさりと固まったもののケイトリンの顔は浮かない
兄弟同士で争うレンリーをどうしても止めたいケイトリンだったが
宗教に走っておかしくなった兄とは交渉不可能と笑うレンリー
201302005121.jpg

その時レンリーのテントに風が吹き込み黒い影がレンリーに近づく
鏡に向かっていたレンリーの背後に立つ人型の影
ケイトリンとブリエンがその影に気付いた時、レンリーの胸が影に貫かれた
201302005122.jpg

テントの守衛の兵が中の様子に気付き入ってくる
血を流し倒れているレンリーの傍にいたブリエンの仕業と思った兵達
状況を説明する間もなく向かってきた兵達を蹴散らすブリエン
201302005124.jpg 201302005123.jpg

影は既に消え去り無実を証明する事などできる状況でもなく
息絶えたレンリーに泣きつくブリエンを連れてテントから共に逃げるケイトリン
201302005125.jpg 201302005126.jpg


殺されたレンリーを前にするマージェリーとロラス
レンリーを殺してもブリエンに得はない、スタニスの犯行だとロラスはわかっていたが
レンリーが亡くなった事によってバラシオン家の家臣達がスタニスに寝返るのは明らか

レンリーとタイレル家との同盟は無くなりこのままここにいれば捕えられて
スタニスに突き出されるだろう
ロラスは復讐の念を押さえマージェリーと共にすぐに国へ帰る事にする
201302005127.jpg 201302005128.jpg

レンリーは王を自称していたが実際には王座を取れないまま死んでしまった
しかしマージェリーの顔に悲しみの色は表れない

レンリーが好きだったわけではなく女王の座を欲していただけ
そしてその意思は全く衰えない
201302005129.jpg


ストームズエンドを離れ北に逃げるブリエンとケイトリン
ブリエンの母親は出産時に亡くなりブリエンは母というものを知らない
家族のために1人で奔走するケイトリンの強さを見たブリエンは
剣を抜きケイトリンに忠誠を誓う
201302005130.jpg 201302005131.jpg



レンリー亡き後の野営地に入ったスタニス
レンリーの側についてたバラシオンの旗手はスタニスのものとなった
ダヴォスは洞窟で見た事をスタニスに話そうとするが聞きたくないと拒まれる
201302005142.jpg

兵達の間ではスタニスはメリサンドルに操られている、という話も出ていた
メリサンドルは宗教を広める為に貴方を利用しているだけだ
彼女のいいなりのまま首都を落とせばメリサンドルが首都を取った事になる

ダヴォスはスタニスに忠実であるが故にきつい苦言を呈する

スタニスは少し考えた後、メリサンドルを攻城戦には連れていかない事にする
そしてスタニスは攻城戦の艦隊指揮官にダヴォスを任命した
201302005143.jpg 201302005144.jpg








〓レッドキープ城 キングスランディング 〓


レンリーが殺害された知らせはキングスランディングにも届く
敵が1人減ったと喜ぶサーセイだったが現状は何も変わってはいない
レンリーの側にいたバラシオン家の旗手たちは当然スタニス側に流れ
スタニスの軍勢はキングスランディングを落とすには十分なものとなっていた

もっと真摯に考えるべきだ、とサーセイに警告するティリオン
しかしサーセイは攻城戦に向けての準備は既にしてあると、余裕の笑み
サーセイはその作戦をティリオンに教えず、何かしらの優越感にひたる
201302005133.jpg 201302005134.jpg

キングスランディングの街中
駕籠の中で密談するティリオンとランセル
ティリオンが軽く脅す度に怯え、どんどん情報を吐くランセル
サーセイが錬金術師に命じて液体爆薬を作らせてる情報をティリオンに流す
201302005135.jpg 201302005136.jpg

ティリオンとブロンは街中を歩き錬金術師の元へ向かう
その途中に街中で人を集め街頭演説をする男がいた
姉(サーセイ)と弟(ジェイミー)の近親相姦の子だ、王は穢れているぞ
スタニスの計略によってラニスター家のスキャンダルは国民に広まっていた
ティリオンは国が崩壊しつつあるのを実感する
201302005137.jpg 201302005138.jpg

キングスランディングの地下で爆薬を作り続ける錬金術師ハーリン
緑色の液体爆薬をティリオンに見せ、その威力の凄さを説明する
その威力は水では消せず、凄まじい炎は人間を容易に溶かす
201302005140.jpg 201302005139.jpg

剣や弓の腕で生きてきたブロンにとっては魔法じみた爆薬での戦闘は面白くない
使い方を間違えれば自分達が危険に晒される事も懸念する
地下には既に8000個近くの液体爆薬の壷が作られ保存されていた

王都を消し去る量の爆薬を前にティリオンは恐ろしささえ感じ
サーセイの命で爆薬を作っていた錬金術師を自分の指揮下にいれた
201302005141.jpg







〓壁の北 Fist of the First Men 〓

Fist of the First Men
壁から北西に幾日か、幽霊の森を抜けて雪山との境界線辺りにある丘
エソッス大陸からウェスタロスに初めてやってきた最初の人々と呼ばれる人類が
最初に到達したとされる見晴らしのいい切り立った崖のある丘の上の野営地
丘の上には巨大な石があって遠目から見ると拳に見えるとかなんとか
201302005170.jpg

ずっと壁の向こうで活動していた熟練レンジャーと合流する
過去の戦いで右手の指をほとんど失い片腕のクォリンと呼ばれるその男
”マンス・レイダーは野人達を組織化して強い軍勢を作っている
奴さえ殺せば奴らの組織は崩壊する、まずは見張りを殺す”

201302005174.jpg

クォリンは見張りの野人達をまず殺す為に手練だけを集め小隊を作る
ジョン・スノウはその小隊に加わりたいと司令官に言う
サムがジョンの代わりに司令官の世話をしてくれる事となり
ジョンはクォリンの小隊に加わり雪山を進む
201302005175.jpg 201302005176.jpg








〓鉄諸島 ローズポート〓

出航の日、港に立ち自分の船に乗り込む船員達を迎えるシオン
201302005147.jpg

小船に乗り込み準備する船員達に”俺が船長だ、司令官だぞ”と言うが
名前だけの船長など相手にされずシオンを置いて小船は出て行く
201302005149.jpg 201302005150.jpg

船員の1人ダグマーがそんなシオンを見かねて言う
”強さを示さないと奴らはあんたを認めない”

シオンに与えられた命令はストーニー海外の漁村での略奪
ストーニー海岸から一番近い城はトーレンズスクエア城、やって奪えない事はない
”しかしトーレンズスクエアを攻めればウィンターフェルから援軍が来るだろう
そうなると・・・”


シオンとダグマーは何かを思いつきニヤリと笑う
201302005151.jpg



その数日後、ウィンターフェルにトーレンズスクエアが包囲されていると知らせが届く
どうやってこんなに北までラニスター軍が来れたのか不思議に思うルーウィン
ブランは初めて身近までやってきた戦いに緊張するが、すぐに助けるべきだと命令を出す
すでに戦える人間の大部分はロブと共に南へ行っているため、ロドリック・カッセルは
僅かに残った200人の兵をかき集めてトーレンズスクエアを救うために向かう

ブランは少し前に嫌な夢を見ていた
海がウィンターフェルに押し寄せて城を破壊し、カッセルや人々が溺れ死ぬ夢を
201302005152.jpg 201302005153.jpg














〓エソッス クァース 〓

ザロ・ゾーン・ダクソスの保護によってクァースに入れたデナーリス達
砂漠を越える長い旅から解放され手厚くもてなされる
ドラゴンも日に日に成長し自ら火を吐き肉を焼けるようになった
201302005177.jpg

ザロからデナーリスに送られた綺麗なドレスを見て”お姫様みたい”とはしゃぐドレア
”彼女はお姫様じゃなくて”カリーシよ!”と声をあげるイリ
エソッスで最も豊かな街に来て楽しそうなドレアと、居心地の悪そうなイリ
デナーリスはそんな二人を見て、ザロは自分達を保護してくれたがまだ完全には信用は
できないと考える
201302005178.jpg



ザロによってデナーリスの歓迎パーティが開かれる
13人衆の1人、顔色のおかしい魔術師パイアット・プリーが挨拶にやってきた
奇妙な手品を使い、デナーリスにいつでも”不死の館”へいらして下さいと勧誘する

胡散臭い金持ち達や魔術師が住む奇妙な街クァース
少し心配そうなジョラー・モーモントに声をかける仮面の女
”ドラゴンの力を奪おうとする者達から彼女を守りなさい”と忠告する
201302005180.jpg 201302005181.jpg


ザロがデナーリスを自分の金庫に案内する
ヴァリリアン鋼で作られた頑丈な扉はザロの富の凄さを想像させる
自分と結婚すればこの中の半分を差し上げましょう、と言うザロ

自分達だけで船を買い、兵を集め、戦争の準備をするという気の遠くなるような道が
ザロの資金があれば一気に距離を縮められる
返事はしなかったものの王座を目の前にチラつかされて少し揺れるデナーリス
201302005182.jpg

ターガリエン最期の生き残りとなりドラゴンも生まれ王座奪還の思いは強まるばかり
王座のあるウェスタロスから遠く離れた地でデナーリスが焦るのも無理はない

”金持ちが甘い言葉をかけてくる時には裏がある、戦争はそんな簡単な物ではない”
かつては領主でもあり戦争も経験し、流れ流れて世界を見てきたジョラーが言う
デナーリスを落ち着かせたジョラーは自分が船を見つけてくると約束する
201302005183.jpg









〓リバーランズ ハーレンホール〓

捕虜からタイウィンの給仕係となったアリア
タイウィンとラニスター家の旗手がテーブルを囲み、戦況について話し合う
戦争前の予想と違いロブ・スタークは若輩とはいえ連戦連勝で快進撃を続けている
戦略を見直そうとするタイウィンに少しは休みたいと言うレジナルド・ラニスター
親戚でなければこんな席にいるはずのないやる気のないレジナルドを
目障りだと言わんばかりに追い出し国へ帰らせる
201302005155.jpg 201302005154.jpg

ワインを注ぎにテーブルをまわっていたアリアに”出身は何処だ”と聞くタイウィン
北部人だと見抜かれたアリアは仕方なくボロートンの出身だと嘘をつく
ロブ・スタークは北部人の間でどう言われているのか聞くタイウィン
”若き狼と言われ、時に狼に化けて戦うとも言われています、不死だとも・・”
その話を信じるのか?とタイウィンが聞く
”いいえ、殺せない人間などいません”
殺意を抑えつつ、タイウィンを少し挑発するように静かに言うアリア
201302005165.jpg

水汲みに来たアリアが目にしたのはラニスター兵の鎧を着たジャーケン・ハガー
”命を救ってくれた借りがある、名前を言え、3人だけ私が殺してやろう”
アリアは半信半疑ながらとりあえず言ってみる
”皆を拷問してたあの男・・ティクラーと呼ばれていた・・”
201302005159.jpg


しばらくしてそれは現実となった
ドスンという何か大きな物が地面に叩きつけられる音
ジェンドリーと喋っていたアリアはその音のした方へ行く
そこには首を後ろにねじ曲げられたティクラーの死体が落ちていた

転落事故だ、と騒ぐ人だかり
アリアが上を見上げるとそこにはジャーケンがいた
まずは1人目の借りは返したと言いたげに一本指を立てて
201302005164.jpg 201302005167.jpg






sponsored link





ゲームオブスローンズ・ウェスタロスガイド
立体的に飛び出す絵本


カテゴリ
sponsored link
手数料比較